<< Blüthner(ブリュートナー)モデル10 166cm 【新品】 | main | Haessler(ヘスラー)K118 チェリー艶消し 【新品】 >>

Pfeiffer(ファイファー)112cm ウォルナット艶消し 1966年製

0

    JUGEMテーマ:ピアノ♪

    ヨーロッパ輸入ピアノ(中古)

    ■メーカー Pfeiffer(ファイファー)
    ■製造地 ドイツ/シュトゥットガルト
    ■製造年 1966年製
    ■サイズ 112cm
    ■外 装 ウォルナット艶消し
    ■価 格 1,600,000円(税別)
    コンパクトなサイズのアップライトの中で、ファイファーのこちらのモデル以上のピアノは

    果たして存在するのでしょうか。

    長きにわたり、数えきれないピアノと関わってきた私共は、

    少なくともサイズ制限のあるお客様には、間違いないピアノとして

    こちらをお勧めすることが多いことは事実です。

     

     

    私共は、Pfeiffer(ファイファー)の輸入総代理店でも何でもありません。

     

    けれども、創業時から変わることなく、公平無私な姿勢でピアノに携わっており、

    良いピアノは良いときちんと評価し、皆様にお伝えしてまいりました。

    良いピアノを厳選して準備するのが私共の役目で、選ぶのはお客様です。

     

     

    ドイツ市場でも、中古がなかなか出て来ないため、

    その中で良い状態のファイファーを見つけるのは至難の業です。

    当店はその貴重なファイファーが、比較的コンスタントに入ってきています。

    私共の知る限りでは、当店は日本国内でのファイファー取り扱い件数、中古販売台数が最も多い

    ピアノ店であると自負しております。

     

     

    ファイファーにしかない、魔法のような、人を虜にする音色があります。

    とんでもなく甘く、一瞬にしてハートを射抜かれてしまう音色です。

    雨上がりの空に、七色どころか24色の虹を見たような、

    都会の空にオーロラを見たような、胸がときめく音色です。

     


    このようなコンパクトなボディーの、一体どこからこれほどの重厚な低音が出るのでしょうか。

    ファイファー社で、このモデルを最初に設計した技術者は間違いなく天才でしょう。

     

     

    この鳴りの良さ、力強さ、そして秀逸のバランス。
    当店にご来店いただいたお客様が必ずといって良いほど驚かれるのが、
    まずブリュートナーの響きの豊かさと、
    この、ファイファーの重厚な低音、力強い鳴りなのです。

     

     

    木目の縦ラインの美しさに、思わずため息が漏れます。

    上から下まで、木目が綺麗につながっている様は、本場ドイツの職人魂を感じます。

     


     

     

    ファイファーの音色は、なぜか耳に残ります。

    忘れようとしても、ますます忘れられなくなります。

    「またあの人に会いたい」ならぬ、

    「またあの音を聴きたい」と、心が、耳が、いつまでも渇望し続けます。

     

    そしてまた、吸い寄せられるかのように再来店されます。

    私共はその現象を、“ファイファーの魔法”と呼んでいます。




    ドイツのシュトゥットガルトで製造されたピアノです。
    シュトゥットガルトは世界一のメーカー(ポルシェ等)が集まる地域で、
    このファイファーも、世界一を掲げて作られたピアノでした。
    新品価格で、当時日本で400万円ほどだったと記憶しています。

     

    「アップライトで400万円??それは高い!!」と感じられるかもしれません。

    けれども実際、適正価格といえます。値段なりの価値があります。

    アクションは、世界一のアクションと名高いレンナー社製です。




    横から見るファイファーがまた、素晴らしいのです。
    いつもながらの絶妙な傾斜が素晴らしく、

    とくにこの一台は、側面の木目にも特徴があって、うっとりします。
    何の装飾もない、シンプルな外装でありながら、そこに計算し尽された美があります。



     

    どんなに有名なメーカーでも、得意・不得意はあります。
    ファイファーの場合は、断然アップライトが得意なメーカーです。
    世界一のアップライトを掲げて作られたピアノで、
    妥協を赦さない強いポリシーを貫き通しているがために、規模を縮小せざるを得なくなった
    メーカーでもあります。

     

     

    さて、ここでこの場を借りて、ファイファー社についてより正確な情報をお伝えしたいと思います。

    「ファイファーは一度は倒産した」という表現でこれまでWEB掲載してまいりましたが、

    これはかなり大雑把な言い方でしたので、正しくは次のとおりです。

     

    ファイファーは、Leipzig Pianoforteというメーカーを買収して製造拠点をLeipzig(ライプツィヒ)に移しました。

    Sttutgart(シュトゥットガルト)にはショールーム、営業部門、最終調整をする部門が残っていましたが、

    製造拠点はライプツィヒに移したのです。

    けれども、その後Leipzig Pianoforteは機能しなくなり、Bluthner(ブリュートナー)社に引き継がれました。

    ライプツィヒの清算拠点を失ったため、その後は商品の製造が出来ず、

    既に販売店にあるピアノを買い戻して営業を続けていました。

    ごく近年に操業を再開し、120cmのピアノを製造し始めました。

    ファイファー社自体は、「倒産」という法的手段はとっていませんでしたが、

    Leipzig Pianoforteの経営破綻時にはシュトゥットガルトで操業ができないほど大きな痛手を受けたそうです。

    そのような大きな試練を乗り越えて、小規模ながら現在も製造しています。

    今も変わらぬポリシーを貫いています。

     

     

    当店は展示スペースが狭いため、台数は置けないかわりに、
    主なブランドのピアノから、他店ではなかなかお目にかかれない珍しいピアノまで
    魅力溢れるピアノを取り揃えております。
    様々なメーカーのピアノを試弾することができる、珍しいお店ですので、
    遠方の方も、是非一度ご来店ください♪

    技術者がいるときにお越し頂けましたら、あちこち蓋を開けて、
    技術的な説明もさせて頂けます。
    お目当てのピアノが調整中だったり、既にご契約済みのこともありますので、
    ご来店の際には、事前にご予約頂けますと幸いです♪

     

    ピアノクリニックヨコヤマWEB