Bösendorfer(ベーゼンドルファー) 225cm 黒つや消し1989年製

0
    JUGEMテーマ:ピアノ♪

    ヨーロッパ輸入ピアノ(中古)

    ■メーカー Bosendorfer(ベーゼンドルファー)
    ■製造地    オーストリア/ウィーン
    ■製造年  1989年製
    ■サイズ  225cm
    ■外 装  黒艶消し
    ■価 格   お問い合わせください
    ※エクステンションキー

    私が入社して6年経ちますが、少なくとも私が入社してからは初の入荷となる
    大変貴重なベーゼンドルファー グランドピアノ 225cm!!
    しかもこれほど新しいベーゼンドルファー225cmが手に入ることは、
    おそらく今回が最初で最後ではないかと代表の横山も話しておりました。

    黒つや消し仕上げなので、音の抜け感も素晴らしく、
    ベーゼンドルファーならではの甘く優しい音色がより一層際立っています。



    ベーゼンドルファーは、贅沢な木材を使って、最も贅沢な方法で
    製造されるピアノであることをご存知でしょうか。
    松の木を無垢材として贅沢に加工しているため、大変お金のかかる作りをしているのです。

    通常、グランドピアノは、薄くスライスした木材を十何枚か接着して曲げることで
    側板のわん曲を作ります。
    これに対しベーゼンドルファーは、大きな松の木をくり抜き、内リムとして加工します。
    捨てる部分をたくさん出してしまうので、非常に贅沢三昧な作り方なのですが、
    ベーゼンドルファーの音作りには欠かせない工法です。
    通りで贅沢な音色が出てくるわけですね!



    奥行に注目してみると、225cmのグランドピアノというのはさすがに大きいです。
    大きさに比例して、弾いたときの感動の度合いもまた大きいです。



    ヴェルディーのオペラに出てくる社交界のパーティーを感じさせるような、
    高貴で、華やかで、気品に満ちた音色。
    ベーゼンドルファーにしかない独特の色気を持ちます。



    現在、170cmのベーゼンドルファー(ウォルナットつや消し)も同時期に入荷して
    展示中なのですが、比較してみると、やはりこちらの225cmは
    コンサート用を意識して作られているだけあって、ベーゼンドルファーにしては
    輪郭のはっきりした音も出てきます。



    実際に弾いてみて、音を聴いて頂き、
    ご自身の目で、隅々までご覧頂くとおわかりいただけると思いますが、
    通常はどんなことがあっても手放さないレベルのピアノです。
    あるとしたら、この一台に加えて、別のピアノを追加購入するという選択肢でしょう。
    なにせ状態があまりに素晴らしく、新品かと見間違えるほどなのですから。



    隅々まで、本当に、うそみたいに綺麗なのです。
    中の様子をみても、明らかに趣味で少しだけ弾いていたぐらいであろうことが想像できます。
    とにかく消耗がないのです。
    ちなみに、アクションはレンナー社製です。



    歌やヴァイオリン、フルートなどとのアンサンブルにも
    非常によく合う楽器。
    優しく柔らかい音色は、前に出すぎず、気持ち良く調和します。



    調整のために、アクションを取り出しました。
    あまり使われていない上に、保管状態も非常に良かったことがよくわかります。



    左端の鍵盤にご注目ください。お歯黒のように黒く塗られたふたつ鍵盤は、
    通常のグランドピアノに追加でつけられた鍵盤です。
    エクステンションキーと呼ばれています。

    作曲家ブゾーニが、バッハの音楽を編曲する中で、
    ピアノにもっと低い音が必要であるとベーゼンドルファー社に相談したことから
    作られるようになりました。 



    右サイドにもベーゼンドルファーのロゴが入っています。
    フルコンサートグランドのようで、気分が高揚します。



    全ての蓋をとじた様子です。



    現在調整中ですので、ぜひともご予約の上、
    ご試弾にお越しください♪

    ※ご予約なしでお越しいただきますと、調整中の場合は
    中のアクションを取り出した状態でご試弾頂けないこともあります。
    お手数をお掛けして恐縮ですが、事前にご予約頂けますと幸いです。





    ピアノクリニックヨコヤマWEB